加工技術ガイド

加工技術ガイド

HOME >  業務案内  > 加工技術ガイド

高い品質を誇る当社の加工技術の一部を紹介します。古くからの伝統ある技術と、新しい技術を融合しながらお客様のニーズに対応します。

  • SP加工<合繊用撥水・撥油加工>

    SP加工<合繊用撥水・撥油加工>

    織物の繊維一本一本を目に見えない被膜で覆うため、汚れやホコリは繊維に吸収されず、拭けば簡単にとれます。


    水をはじくだけでなく、油がついてもシミになりません。
    しかも布地の風合いを変えず、通気性をそこないません。

  • ハジックガード

    ハジックガード

    <ハジックガードの特徴>
    ・汚れに強い
    ・手入れが簡単
    ・美しさが長持ちする

    <大切な着物、いつまでも美しく>
    ハジックガード効果を十分にお楽しみいただくために、汚れがついたら早め早めのお手入れをしてください。

  • 真空加工

    真空加工

    本古代等の「しぼ」の多い白生地は吸水による収縮の度合いが激しく、染色のプロセスにおいて作業能率が悪いという問題がありました。

    真空加工は、生地の変形を最小限に保つことを可能にした、弊社のオリジナル加工です。

  • FLUTEX加工

    FLUTEX加工

    大切なゆかた いつまでも美しくFLUTEXは生地(表)に撥水加工が施されています。

    <FLUTEX加工の特徴>
    ・水、油をはじきます。(撥水・撥油)
    ・汚れをつきにくくする。(防汚)
    ・ゆかた本来の風合い、通気性をそこなわない。

  • スタンピング加工

    スタンピング加工

    各種スタンピング加工、低温・高温プレス、金箔・銀箔・透明箔など、多種の箔押し加工により、豪華な装飾効果を向上させます。

    さらに、ペーキング加工(キュアリング)を併用することにより一層堅牢度を付加するとともに、形状安定効果も増大させます。

  • 形状安定加工

    セルロース系繊維は、素材の持つ多くの優れた特性から衣料用繊維として地歩を占めています。
    しかし、洗濯による収縮やシワになりやすい点などが、古くから問題とされてきました。
    そこで各種セルロース架橋剤を活用し、内部架橋の形成等に基づく弾性回復率を向上させ、膨潤性をコントロールすることによって次のような特性を持たせることに成功しました。

・着用時及び洗濯でシワになりにくい。
・くりかえしの洗濯で縮みが少ない。
・洗濯による風合いの変化(粗剛化)が少ない。